タッチパネル

各方式について知る

静電容量方式タッチパネル

特殊静電容量方式タッチパネル

検出原理

ガラスの裏面にラミネート加工されたXYセンサーワイヤーにより、人の指が近付いて起きる指とセンサー間の静電容量の変化、周波数の変動を捉え、専用のコントローラーで座標位置を検出します。

検出原理
特徴

手袋着用時でもタッチ操作ができ、ホコリや砂、水などの異物が掛かっても操作に影響のない特殊な投影型静電容量方式タッチパネルです。 耐久性に優れ、シルク印刷やゼロベゼルデザインなどのスタイリッシュなカスタマイズができ、システムに組み込む用途に最適なガラスタイプと、店舗のウィンドウガラスに貼り付けて容易に窓越しデジタルサイネージに変化できるフィルムタイプがあり、幅広いユーザーニーズにお応えします。

  • 厚手の手袋をはめた指での操作が可能
  • 屋外での使用に最適
  • 大型サイズの対応が可能

表面型静電容量方式タッチパネル(SCAP)

検出原理

ガラスの表面にコーティングされた薄い導電性物質を利用し、少量の電流を流します。ガラスの表面をタッチすると、パネル周辺の電極パターンから電流の変化を検出し、専用のタッチコントローラーから変化量を座標データとして出力します。

検出原理
特徴
  • 他静電容量方式に比べコストパフォーマンスに優れる
  • 軽いタッチで操作が可能
  • 外部からのノイズに強い為、さまざまなシステムで利用が可能

投影型静電容量方式タッチパネル(PCAP)

検出原理

ガラスとフィルムの間にあるXYのセンサーコーティングにより、人の指が近付いて起きる指とセンサー間の静電容量の変化を検出し、専用のタッチコントローラーから変化量を座標データとして出力します。

検出原理
特徴
  • 軽いタッチで操作でき、スムーズな操作性
  • 優れたタッチ耐久性
  • 透過率が高く、モニター画面の鮮明さを忠実に再現

それぞれ方式の詳細を知る